08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴょん子の誕生!!

今日はぴょん子の誕生の事を書いてみたいと思います!



お産の時の様子など興味がない方はスルーしてください。






















ぴょん子がお腹の中にいるときはいたって順調な妊婦さんでした。


尿検査も血液検査も正常。
妊娠中期から血圧がちょっと高めと言われてラーメンのスープは我慢してました。

あ、今思えば妊娠して高校からはおさまってた喘息が軽くあったかな。


8ヶ月検診も無事に過ぎて1週間後の昼寝中に突然の破水!!


産院主催の母親教室もまだ全部参加してなくて
破水が何かも知らなくて


でもその時は『失禁かな?』くらいに考えてたんだけど
出産経験者の友人に電話したら
念のために病院に行ったほうがいいって
破水だとしたら大変だから
と教えてもらったの。

すぐに行きつけの産婦人科に電話して状況を説明して
『歩いて5分くらいのところに住んでいるんですけどタクシーで行った方がいいですか』
と聞いたら『歩きで大丈夫ですよー』って言われて
歩いて行ったアホな私…


エコーやら超音波やらで破水と診断した病院側は大パニック!!
もちろん私も大パニック!!!


ほんっとに無知だった私は
破水=出産
てことすらまだ知らない状況(汗


急遽、市内のNICU(新生児集中治療室)がある総合病院に運ばれることになり
診察台からは車椅子で移動(アレ、さっき歩いて来いって言われたんですけど…)


公衆電話から夫の職場に電話した私は
ほんっとに何も知らないアホ子なものだから
『すぐに産まれるって事はないと思うんだけど、○○病院に運ばれることになって今救急車待ってるの』
なんてのん気に話してました。


結局その2時間後に産まれちゃったんですけどね(汗


全身麻酔
緊急帝王切開手術
1300g程のぴょん子が仮死状態で出生
NICUへ運ばれる


麻酔でもうろうとした意識の中
『どうしよう、産まれちゃった』
大ショックでした。

破水も知らないアホ子ですから
こんなに早く産まれたら生きていけない
と思い込んでいました。

とぉちゃんや母親が
『歩けるようになったらNICUに会いにいけるから』
『あかちゃんもがんばってるから』
と言っても、あまりのショックに頭がパニックで
『私が落ち込まないようにウソを言ってるんだ』
疑心暗鬼になっていました。


初めて会えたときは嬉しさと不安とごちゃ混ぜで
とっても複雑でした。
真っ黒でちっちゃくて
たくさんの線と管につながれたぴょん子
ただ、手のひらの生命線がくっきり見えた時
とても嬉しかったのをとても鮮明に覚えています。


入院生活は過酷でした。

6人部屋のほとんどがお産間近の妊婦さんやお産直後の妊産婦さん
夜も母子同室の病院だったので
我が子がNICUにいる状態での13日間は本当に苦しかったです。
私には見舞い客もありませんから
他の患者さんもたった一人で入院している私に気を使っていたと思います

帝王切開手術の際の麻酔薬が原因で喘息の発作も強く出てしまい
切ったばかりのお腹を押さえて夜も止まらない咳が体力的にも精神的にも辛かったです。

3時間ごとに搾乳してNICUに届けるのですが
入院中は機械じゃなく手で搾乳します
乳輪の周りはたちまちアザだらけになりました
退院後すぐ搾乳機を買いましたが2年くらいアザは消えなかったです。

ぴょん子は生後すぐはお乳も飲めず『ブドウ糖5cc』を日に数回、
胃まで直接カテーテルで摂取していました。

呼吸器も付けていたので、呼吸器が外れて初めて口からお乳を飲みますが
心臓に負担がかかるので時期も量も慎重に進めるようです。


自分だけが先に退院することに不安を覚えながらも
大部屋から脱出できるのはホッとしました。


それからは搾乳して冷凍したお乳を持って毎日病院へ通いました。

ミルクの量
体重
呼吸の様子

一喜一憂しながら。


初めて保育器の中のぴょん子に触れたのは生後12日目
初めてこの腕に抱いたのは生後56日目


未熟児網膜症や心臓弁の心配もありましたが大きなトラブルもなく
出生から86日後退院し晴れて3人での生活が始まりました。



その後もいろいろあったけど、それはまた別の機会に…



長文最後まで読んでいただきありがとうございました。








スポンサーサイト
Secret

最新記事

最新コメント

励みになります☆

FC2Blog Ranking

応援お願いします♪

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。